薄毛 脱毛 運動 睡眠 ストレス

薄毛、脱毛の原因に運動と睡眠とストレスが関係?

血液は、起きている間は内臓、寝ている間は骨や皮膚に多く流れているため、
髪は夜のほうがよく伸びるといわれています。

 

 

また、睡眠不足によって自律神経が乱れると、髪の成長を妨げます。
いずれにしても徹夜や夜更かしなど、睡眠不足は髪によくないわけで、
十分な睡眠をとることが、薄毛、脱毛を予防することになります。

 

 

適度の運動もまた、薄毛、脱毛の予防になり、全身の機能を高め、血行をよくします。

 

 

一日三十分以上、軽く汗を流せば、気持ちよく寝る事もでき、髪にも健康的な生活が送れます。

 

 

させは「百薬の長」といいますが、飲み過ぎは体によくありません。
ほどほどに楽しむのが一番です。

 

 

タバコのニコチンは、血管を収縮させ、血液の流れを悪くします。
無理に止めようとすれば、かえってストレスがたまるかもしれませんが
できれば控える方が薄毛や脱毛を防ぐことは言うまでもありません。

 

 

また、ストレスが健康にとって大敵なのは、すでに指摘されています。

 

 

髪を成長させる毛母細胞にも影響を与えるので、気分転換など一日三十分以上はリラクゼーションタイムを持ち、ストレスをためないようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

頭皮をマッサージ
マッサージで頭皮の血行をよくしましょう。もし、頭皮が赤黒くなっていたら要注意。静脈の流れが悪くなって、うっ血していると考えられます。

スポンサードリンク